【闇深】なぜWebライターは続かない?看過することはできない重大な6つの理由

  • URLをコピーしました!
この記事のまとめ

Webライターはお金をかけずに誰でも手軽に始められる人気の副業です。参入障壁が低い一方、仕事が続かないで数ヶ月でやめてしまう人が多いのが現状です。この記事では、Webライターが続かない決定的な理由6選だけでなく、諦めないで続けることでやってくる明るい未来についても紹介します。

Webライターを始めてみたものの、「続かない」と諦めてしまう人は少なくありません。

Webライターの仕事が続かないといわれる根深い理由を6つに絞ってまとめましたので参考にしてください。

この記事でわかること
  • Webライターが続かない6つの理由
  • Webライターを続けるメリット
  • 初心者ライターが現状打破するコツ
目次

Webライターを始めても続かない理由6選

webライターは、長く続く人もいればすぐに辞めて続かない人もいます。

続かない理由はいくつか考えられますが、よくあるのがこちらの6つです。

Webライター続かない理由6選
  1. 安い単価から抜け出せず稼げない
  2. 納期に追われた生活になる
  3. 収入の上限が見える
  4. 常に勉強が必要な世界だから
  5. 新規営業を自分でしなくてはいけない
  6. 体調不良で稼げなくなってしまうから

それぞれ詳しく説明していきます。

1.安い単価から抜け出せず稼げない

webライターの案件の中には1文字0.1円なんてケースもあります。

1文字1円では全く稼げません。


Webライターを始めたばかりのときは1円未満の案件受注がメインになるため、稼ぎたいと思って始めるとあまりのイメージの違いに驚く人が多いです。

さらに、そこから手数料が引かれると手元に入るお金は想像以上に少なくなります。

クラウドソーシングサイトの手数料


初心者のWebライターだと1時間で執筆できる文字数は1,000文字~2,000文字程度です。

時給換算すると、あまりの安さにwebライターを続けるのは難しいと辞めてしまう人が多いです。


ちなみにwebライターの文字単価はレベルによって決まります。

専門知識を積んでいくと文字単価を上げられるようになります。


Webライターの文字単価相場についてこちらの記事で図解で紹介しているので参考にしてください。

2.納期に追われた生活になる

webライターは働いた分だけお金が稼げる仕事です。

一心不乱にタイピングをしていれば収入に直結します。

しかし、案件を受注しすぎると納期に追われる毎日になってしまいます。

低単価だと納期に追われるくらいじゃないと稼げない

毎月どのくらいの収入を得たいのかで変わりますが、プライベートの時間が全くなくなって仕事ばかりなんてケースもあります。

1か月でどのくらいの文字数まで仕事を受注できるのかを把握しておくことが重要

3.収入の上限が見える

ある程度webライターとしての経験を積んでいくと、収入の上限が見えてしまいます。

例えば、本業のスキマ時間に副業webライターをしている場合、1日の作業時間が1〜2時間が限度かもしれません。

そうすると、稼げても月5万円程度が上限になると思います。


自分のリソースから予測収入を計算して目標金額に達成しないから続かないという人は結構多いです。

4.常に勉強が必要な世界

webライターは簡単に始められる=楽な仕事と思われがちです。

実際はWEBの世界は常に変わり続けていますし、漫然と記事を書くだけでは収入が減っていきます。


続々と依頼が入ってくるwebライターは、新しい技術や知識に目を向け、積極的に学ぶ姿勢を持っています。

そのような行動は確実にスキルを向上させ、質の高い記事作成を可能にしています。

Webライターは継続的に勉強することが重要


Webライターが継続的に勉強が必要だということにショックを受けて続かない人は多いです。

5.新規営業を自分でしなくてはいけない

webライターにとって継続案件の獲得はとても重要です。

継続案件をもらうことで毎月の安定的な収入に繋がります。

また、確実に収入が入ると思うと、メンタル的にもだいぶ楽になります。


しかし、継続案件をもらうためにはクライアントからの信頼を勝ち取る必要があります。

そのため、継続案件の獲得は初心者ライターにとって難易度が高いです。

売れっ子Webライターは継続案件をたくさん持っている



継続案件がこない場合は、自分から営業していく必要がでてきます。


営業では、ネット上でライター募集を探してポートフォリオを送り、実績をアピールするなど手間がかかります。

新規営業をしたときに劣悪な条件の仕事を提示されて飲み込まないといけないこともあります。

3000文字の記事を100円で依頼するなど


継続案件をもらうのに苦労してWebライターが続かない人もとても多いです。

6.体調不良で稼げなくなってしまうから

webライターは体力勝負の一面を持った仕事です。


パソコン作業で長時間座りっぱなしになることが多く、肩こりや腱鞘炎、頭痛など身体の不調を抱えている人は多いです。


体調不良で長時間の作業が苦痛となり、Webライターが続かない人も多いです。

体調不良は文章のクオリティーにも表れる。体調管理に留意してモチベーション維持に努めることが重要

Webライターは続ければメリットだらけ

Webライターは決して簡単な仕事ではありません。

でも、なかには月数十万円を安定的に稼いで生計を立てている人もいます。


また、webライターは続けていくと、たくさんのメリットを受けることができます。

Webライターを続けるメリット
  1. 時給は自分の頑張りしだいで決まる
  2. 感謝されたときの達成感が大きい
  3. 場所も時間も自分次第で調整できる
  4. 知らない世界に興味を持つきっかけになる

それぞれ解説していきます。

1.時給は自分の頑張りしだいで決まる

webライターで稼ぐためには、とにかく執筆スピードをあげることが重要です。

執筆スピードが上がることで余裕を持って案件をたくさん受注できる


最初は思い通りに執筆できず時給も数百円程度になりますが、続けていくうちに時給換算で3000円以上になります。

自分の頑張り次第で時給をどんどん高めることができるのはWebライターの魅力といえます。

2.成長できたときや感謝されたときの達成感

webライターになると、直接仕事を受注するためクライアントとのやりとりをします。

納品した記事を評価してもらってお褒めの言葉をもらうととても嬉しいものです。

また、執筆した記事が数ヶ月後にGoogle検索で上位表示されているのを見ると達成感があります。


これは自分で仕事を受注しているからこそのメリットだと思います。

こうしたやりがいを感じられるかが、webライターが続くかどうかがの分かれ目になります。

3.場所も時間も自分で調整できる

webライターは、好きな場所や時間に仕事をすることも可能です。


インターネットがあればどこでも仕事を行えるため、自由な働き方ができるのも大きな特徴です。

スキマ時間を存分に活かしたい人にとってwebライターはおすすめです。

4.知らない世界に興味を持つきっかけになる

webライターは自分の得意分野だけに限らず、依頼を受けて知らなかった分野の記事を執筆することもあります。

その分リサーチに時間がかかり大変ですが、自分の成長にも繋がってきます。


今まで興味のなかったことも、ライティングをきっかけに深く知るようになったなんてケースも少なくありません。

webライターは自分の視野を広げるきっかけとしてもおすすめです。

初心者Webライターが現状打破するために行うべきこと

Webライターが続かない根本的な原因は「思ったような成果が出ていない」ことがほとんどです。

収入面で成果が出ていれば、しんどいと思っても頑張って続けられるはずです。


ここからはWebライターが続かないで辞めようと思っている人に向けて現状を打破するためにやるべきことを紹介します。

現状打破するためにやるべきこと
  1. 案件獲得に注力する
  2. 専門知識を身につける
  3. ひたすら案件をこなす

1.案件獲得に注力する

初心者ライターが最初にぶち当たる壁が「案件を獲得できない」ということです。

Webライターは案件を獲得できなければ、当然収入は0円です。

ライバルたちも常に案件獲得を狙っているので、まずはそこでの勝負に勝たないといけません。


実績がない初心者ライターは案件を獲得するのが大変ですが、いくつかのポイントを押さえると確実に案件獲得率を高めることができます。


具体的な施策方法はこちらの記事で徹底解説しているので参考にしてください。

2.専門知識を身につける

近年、Webライターに専門的なスキルが求められるようになっています。

つまり、日本語としての文章力だけではWebライターとして重宝されません。

Webライターに求められる専門スキル
  • SEOライティング
  • WEBライティング
  • セールスライティング
  • リサーチ能力
  • コピーライティングなど

このような専門スキルが必要です。


ここまでの専門スキルを習得したライターはまだまだ少ないのが実情です。

そのため、専門スキルを習得すれば、あなたの市場価値は一気に高まって稼げるライターになることができます。


スキルを習得するには、専門書籍での学習がおすすめです。

ぼく自身、たくさんのライティング関連の書籍を読んできました。

その中でみなさんにもおすすめできると感じた書籍をこちらの記事で紹介しているので、興味ある方はご覧ください。

3.ひたすら案件をこなす

3つ目はひたすら案件をこなすということです。

「習うより慣れろ」という言葉があるように、数をこなしてライティング業務に慣れましょう。


案件をこなしていくうちに自然とライティングスピードが上がり、リサーチ能力も向上していきます。

Webライターに仕事に慣れて徐々に成果も現れることで辞めたいと思わなくなるでしょう。

Webライターが続かないのはもったいない

webライターが続かない理由を見ると、この仕事ならではの大変さもあると思います。

ただ、続けていくうちに収入があがり稼げるようになってきます。

webライターならではの楽しさも実感できると、変わってくるのではないでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次