Webライターって稼げる?始める前に必ず知っておくべき3つの重要なこと

  • URLをコピーしました!

 

この記事のまとめ

webライターに挑戦しようと考えている方はちょっと待ってください!webライターは誰でも簡単に始めることができますが、安定して稼ぐのは簡単ではなく、初心者が必ず知っておくべき注意点もあります。この記事ではwebライターを始める前に必ず知っておくべき重要なことを3つ紹介しています。

働き方が多様化する昨今、副業でwebライターに挑戦しようとを思っている人が多いと思います。 

今回はwebライターを始める前に知っておくべきことを解説します。

Webライターに隠れている3つのリスクとその対応方法を理解したうえでスタートを切りましょう。

目次

今後のwebライターの需要

副業が広まりつつある昨今、数ある仕事の中で特に注目されているWebライターです。

ライティング業務についてクラウドソーシングサイトを検索をすると沢山の案件がヒットします。

クラウドソーシングとは

仕事を発注したい企業・個人がインターネットで不特定多数の人に仕事を依頼するためのWEBサービス

若者のテレビ離れや、SNSの普及により、WEB業界はますますの発展が予想できます。

あなたにとって欠かせないメディア(1番目)は?の回答で20代では「テレビ」が25%、「インターネット」が54%と大きく上回る結果となった。

引用:世論調査でたどる「テレビ」視聴の長期推移|放送メディア研究.2022

つまり、世間がますますインターネットに触れる時間が増えるにつれて、webライター業務もそれに伴って需要が高まるはずです。


実際、私たちは日常生活で何か困りごとがあった時、検索サイトで調べものをするのではないでしょうか?

記事・テキストコンテンツが消滅しない限り、webライターの需要がなくなることはないのです。

Webライターの始め方

では、具体的にどのように活動を始めたら良いでしょうか?ここでは、手順を3つのステップで紹介します。

STEP
とにかく案件を受注する
STEP
実績を作る
STEP
文字単価UPを狙う

詳しく説明していきます。

1.とにかく案件を受注する

未経験者だかるといってひるまずに、とにかく案件を受注しましょう。

案件をこなさないことには何も始まりません。


後述するクラウドソーシングサイトでは「初心者歓迎」の案件も転がっています。

最初は経験を積みながら、収入を得ていきましょう。

2.件数をこなして実績を作る

仕事を発注する側はライターの実績を見てだれに依頼するのかを決めます。

そのため、実績を作り上げると案件がどんどん舞い込んでくるようになります。

webライター実績例
  • 案件受注合計100件以上
  • 総合評価4.5以上達成
  • 執筆ジャンル多数経験

クライアントに安心して仕事を任せてもらうためにも、案件をこなして実績を重ねていきましょう。

3.文字単価アップを目指す

案件をこなしていくと、中にはあなたに継続的に記事執筆を依頼してくるクライアントも出てきます。

そのようなクライアントはあなたの記事に満足して信頼していること間違いなしです。

継続案件は依頼主からの信頼を獲得できている証拠


このような関係性が築くことができたら、文字単価アップを交渉してみましょう。

クライアントも納品してくれないと困るので、報酬アップに応じてくれることがあります。

Webライター登録必須のサイト3選

Webライターを始める前に案件受注するために必ず登録するべきサイトは以下の3つです。


クラウドワークス

ランサーズ

ココナラ

サービス選びの注意点

クラウドワークス・ランサーズは初心者歓迎の案件があるのでWebライター登録必須です。ココナラは自分で価格設定やアピール文が必要など中級者向けです。

webライターを始める前に3つのリスクを知ろう

Webライターは日本語ができれば誰でも始められる職業です。

そのため参入障壁が低く、多くの人がwebライターに挑戦しています。

その反面、思うような成果を出せずに数ヶ月でやめてしまう人が多いのが現実です。

誰でも始められるが、成果を出せずに辞める人も多い


Webライターとして活動を始める前に、リスクを理解して「こんなはずではなかった!」と失敗しないようにしましょう。

Webライターのリスク
  1. 最初は想像以上に稼げない
  2. 納期との戦い
  3. 活動しないと無報酬

1.最初は想像以上に稼げない

webライターを始める前に1番知っておきたいことは最初は稼げないということです。

その理由は安価な案件が増加していることにあります。

例えば、文字単価0.4円で2000文字の記事を納品したとします。

そのときの報酬はこちらです。

低単価の報酬例

2000×0.4=500円

初めのころは2000文字でも仕上げるのに結構時間がかかります。

それでも得られる報酬が500円となるとかなり割に合わないと感じると思います。


しかし、案件を受注していくと、徐々にライティングに慣れて執筆スピードが上がっていきます。

また、後述しますが実績を積んでいくと文字単価をUPさせることもでき、少ない労力で安定して稼げるようになります。


ぼくじしん、Webライターをはじめて3ヶ月では1万円以下の収入でした。

その後、地道に案件をこなして半年で月収約10万円を達成しました。


その軌跡は以下記事でまとめているので、興味ある方は参考にしてください。

2.納期との戦い

 webライターは、自分が詳しくない領域の記事を執筆することもあります。

そのため、事前に執筆分野の下調べや上位表示されている競合記事の内容などをリサーチする必要があります。

事前リサーチ80%・記事執筆20%のイメージ

最初はこの事前調査に結構時間がかかります。


基本的に依頼された記事には納期といって締め切りがあります。

事前リサーチをしていると、納期が迫ってきて記事を書くのがギリギリになることも多いです。

納期厳守は絶対なので、精神的プレッシャーを感じながら仕事をやりとげないといけません。


納期を守らないとクライアントから信頼を失い、低評価と悪評判のコメントがついてしまいます。

実際に見た低評価コメント

内容はともかく納期を守られないと大変困ります。

実際に見た低評価コメント

連絡なしで納期を過ぎていたので低評価とさせていただきます。


このような評価が一度ついてしまうと、仕事を発注するクライアントがいなくなってしまいます。


始めは案件を複数抱え込むことはせず、余裕を持って案件受注するようにしましょう。

納期はとにかくシビアに捉える

3.活動しないと無報酬

webライターは活動しつづけないと収入は得られません。

いわゆるフロー収入です。

副業の多くがフロー収入です。

活動をやめれば、その月の収入は0円です。


副業の中には、ブログ・Youtyubeなどのストック収入型の仕事もあります。

ストック型はある程度軌道に乗ると自分が何をしなくても収入が入るようになります。


ただ、ブログであれば完全に更新をストップすると、徐々に検索順位が下がって収入も減っていきます。

また、フロー型は仕事をすれば、すぐに収入を得ることができます。

つまり。即金性が高いのがメリットです。


一方、ブログ・Youtubeのような副業はコンテンツを投入しても、それが収入にすぐ反映するわけではありません。

また、発信を続けたらからといって必ず収入に結びつく保証もありません。

Webライターのメリット
  • 即金性がある
  • 納品すれば確実に収入が入る

webライターは堅実に稼げるのか?

Webライターを始める前の注意点を知ったうえで「挑戦してみよう!」と思った方にWebライターとして成功するための心構えを伝えます。

1.差別化を意識する

Webライターの執筆ジャンルは多岐にわたります。

専門性が高くないジャンルは誰でも書けるので、報酬が低くなる傾向にあります。


他ライターがなかなか書けないマニアックなジャンルがあると高単価で受注しやすくなります。

高単価ジャンルの例
  • 英語
  • 仮想通貨
  • 医療系
  • 金融系
  • 専門フィットネスなど

重宝される知識を身につけ、他ライターとの差別化を図ることで堅実に収入のアップに繋がります。

2.案件を積極的に探す

クラウドワークス・ランサーズはWebライターとして必ず登録しておくべきサイトです。

ただ、この2つに加えて自ら案件の募集がないか探し回りましょう。

Webライター案件受注の穴場
  1. ツイッター
  2. 情報発信メディア
  3. オンラインサロン

この3つは案件獲得に欠かせません。

特に、ツイッターは

「Webライター 案件募集」

で検索するとタイムリーに募集案件がヒットします。


また、情報発信系メディアの中には随時Webライターを募集していたりします。

自分の得意領域のメディアがあれば、ホームページにライター募集がされていないかチェックしましょう。

Webライターのリスクを知ってからはじめよう

webライターは未経験者でも始めやすいですが、安定収入に結びつかないという意見も多いです。

Webライターを始める前に、記事で紹介したリスクを理解し、自分に合っているかを見極めましょう。


Webライターに取り組んでみたいと思った方は、まずクラウドワークス・ランサーズの2つに無料登録して案件をチェックしましょう。


クラウドワークスの公式サイトはこちら

ランサーズの公式サイトはこちら

無料で高額求人のぞいてみませんか?

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる