【未来展望】Webライターの今後は明るい?市場の将来性と生き残るコツを解説

  • URLをコピーしました!
この記事のまとめ

Webライターをはじめたいけど、今後の将来性が不安に感じている方は多いと思います。この記事では今後Webライターという仕事は消えていくのか?その将来見通しと生き残って確実に稼いでいくために絶対に押さえておきたいポイントを公開しています。

副業ブームや働き方が多様化する中で、Webライターに興味を持つ人が増えています。

Webライターは特別なスキルが必要なく、誰でも仕事を始められる手軽さが魅力です。

しかし、ネット上では「webライター オワコン」など将来性を不安視する声も多く見られます。

今回はWebライター市場は今後本当に淘汰されていくのかについて解説していきます。

この記事で分かること
  • Webライター市場の需給
  • 今後AIに仕事を奪われる可能性
  • 生き残るためにはどうすればいいか
  • Webライターのキャリアプラン
目次

Webライターは飽和している?

Webライターの仕事についてリサーチすると

「Webライター 厳しい」

「Webライター オワコン」

「Webライター将来性無い」

とった情報が少なくありません。


実際にWebライターに将来性がないのか?まずは市場での供給バランスについてみてみましょう。

需要がなくなってしまうのでしょうか?現役副業Webライターとして働いているぼくがその需要について説明します。

Webライター自体は飽和していない

Webライターの案件がたくさん流れてくるのが、クラウドワークスランサーズといったクラウドソーシングサイトです。

両サイトに無料登録すると実際にどんな案件があるか見ることができます。

クラウドワークス公式サイトはこちら

ランサーズ公式サイトはこちら


見てもらうと分かる通り、他の副業案件と比較してWebライター関連の仕事がたくさん募集されています。

例えば、クラウドワークスで「Webライター」と検索したところ3,678件ヒットしました。


Webライターは案件が飽和しているとは考えにくく、まだまだ稼げるチャンスが転がっています。

初心者Webライターは飽和

webライターは、日本語さえできれば誰でも挑戦することができる仕事です。

参入障壁が低い副業といえます。


実際、多くの未経験者がWebライターに挑戦しています。

そのため、市場には初心者Webライターが多く存在しています。


クラウドソーシングサイトで「初心者歓迎」の案件がありますが、すぐに募集が埋まる傾向にあります。

このことからも初心者ライターの領域は市場がすでに飽和状態にあると予測されます。

今後AIがWebライターの仕事を奪う?

近年、AIが目覚ましいスピードで発展を遂げています。

今後は様々な分野で人間の仕事をAIが代替するようになるといわれています。


とある研究で国内601種類の職業を対象に10〜20年後にAIによって仕事が代替される確率を試算しました。

その結果、今後日本の約49%が就業している職業がAIに代替されることが可能という結果になったそうです。


この報告では、代替可能と代替が難しい職業名が紹介されていてその一部がこちらです。

AIによる代替可能な職業
  • 医療事務員
  • 受付係
  • 駅務員
  • 行政事務員
  • 銀行窓口係
  • 警備員
  • ビル清掃員
  • 自動車組立工
  • 測量士
  • スーパー店員 など

事務作業など機械的に仕事をこなす職種は、AIによって仕事の代替が可能とされているようです。

つぎに今後、代替が難しいと判断された職業を紹介します。

AIによる代替が難しい職業
  • アロマセラピスト
  • インテリアデザイナー
  • 映画監督
  • 学校カウンセラー
  • コピーライター
  • 産業カウンセラー
  • スポーツライター
  • シナリオライター
  • フリーライター
  • 中小企業診断士など

引用:日本の労働人口の 49%が人工知能やロボット等で代替可能に|野村総合研究所

芸術系や人と関わる職業はAIによる仕事代替が難しいと考えられていることがわかります。

コピーライター・シナリオライターなどWebライターに関する職業も代替困難の職業に分類されていました。


今後、AIがさらに普及したとしても、Webライターの仕事がなくなる可能性は低いと考えられます。

Webライターに今後も需要がある理由3選

つぎに、今後Webライターが重要視され、ますます需要が増えていくと予想される理由を紹介します。

今後Webライターが普及する3つの理由
  1. Webコンテンツの普及
  2. テキストコンテンツの秀逸性
  3. 高スキルライターが少ない

1.Webコンテンツの普及

ここ数年、若者を中心にテレビ離れが進行しています。

その一方でインターネットの普及率が年々増加しています。

引用:インターネット使用率の推移|総務省

2010年は78.2%だったのが、2020年には83.4%まで増加しています。

インターネットで情報収集をすることが増えている今、Web記事を執筆するニーズはますます高くなると予測されます。

2.テキストコンテンツの秀逸性

日常生活で困ったことがあった場合、あなたはどんな手段を使いますか?

多くの人が検索サイトで調べものをするのではないでしょうか。


今後はYoutubeなどの動画コンテンツの時代といわれ、テキスト(文字)コンテンツは衰退していくという声もあります。

テキスト情報は動画コンテンツのデメリットを補う特徴があります。

動画コンテンツのデメリットとテキスト補完
  • どこにどんな内容があるか分かりにくい
    →文章だと欲しい情報を切り取って入手できる
  • 話題の進行が遅く感じる
    →文章だと自分のペースで情報入手できる
  • 受動的になりやすい
    →文章だと自分の頭で整理しやすい

このように文字情報は動画コンテンツのデメリットを補完することができます。

そのため、今後は動画コンテンツだけ生き残るのではなく、状況や場面に応じて最適なコンテンツを選択していくようになると予測されます。

つまり、今後テキストコンテンツが消滅することはなく、Webライターの需要も残っていくといえます。

今後は動画コンテンツと文字コンテンツが共存していく

3.高スキルライターが少ない

前述のとおり、初心者ライターの領域はすでに飽和状態にあります。

しかし、良くも悪くも誰もが参入しやすい市場であるため、挫折する人も多くいるのが実態です。


Webライターの数は膨大ですが、スキルのあるwebライターには需要があります。

クライアントも毎回違うライターにお願いするよりも、高品質な記事を執筆できるライターに継続依頼する傾向にあります。

つまり、質の良い記事を執筆できるwebライターに仕事が偏ると予測できるのです。

今後はライター格差が広がっていく

低スキルWebライターは消えていく

今後Webライターとして長年生き抜いていくために必要なスキルセットを紹介します。

今後必要なスキルセット
  1. 特定分野の専門知識
  2. WordPressの知識
  3. SEOの知識

①特定分野の専門知識

執筆する記事のジャンルを絞りましょう。

特定の分野で専門性の高い記事を執筆することでWebライターとしての価値が高まります。

誰でも執筆できる記事は価値が低い


選択するジャンルは、過去の経験に基づくものや興味を持った分野など周りとの差別化を意識しましょう。  

②WordPressの知識

Webライターが納品した記事は最終的にWordPressで公開されることがほとんどです。

WordPressとは

サイトやブログ作成などができるコンテンツ管理システム

WordPressを使えると執筆後の投稿作業まで受注することができるようになります。


自分自身でサイト運営しているWebライターは意外にも少ないです。

そのため、WordPressの使用方法を熟知していると、受注できる案件の幅が広がって他ライターに差をつけることができます。

③SEOの知識

今後、WebライターにとってSEOの知識は必須です。

SEO対策とは

特定キーワードの検索結果上位に表示するためのマーケティング施策

SEO対策がされた記事はGoogle・Yahooなどの検索エンジンで上位に表示されやすくなります。

クライアントは記事が検索順位で上位表示されることを最重要視しています。


そのため、SEO対策を十分にされている記事を納品できるライターにはどんどん継続案件の依頼が入ってきます。

一方、SEO対策がされていない記事を納品していると、今後どんどん淘汰されていくと思ってください。

モチベーション管理も重要

1人で黙々と記事を書き続けるのはメンタル的にけっこうしんどいものです。


他にもWebライターをしていて「しんどいなあ」と感じることがあります。

下記記事でWebライターのキツい面とその対策について解説しています。

今後、Webライターを始める方はマイナス面も知っておきましょう。


ぼくが行っているモチベーション管理法がこちらです。

モチベーション管理のコツ
  • 他の人が書いた記事を見る
  • 作業場所を変える
  • 「作業用 洋楽」で音楽を流す
  • 連続作業時間を決めておく(90分など)


Webライターとして成功を収めるには期間が必要です。

途中で挫折しないためにもモチベーション管理を徹底しましょう。

Webライターの独学には限界がある

前述の通り、クライアントがライター求める記事のレベルが格段に高くなっています。

そのため、完全初心者ライターが独学で勉強してもクライアントをうならせることはかなり難しいといえます。


一番の近道は最初にWebライティングの基礎をプロから学び、後は実践していくのがおすすめです。


まとめるとこんな感じです。

STEP
プロから専門知識を学ぶ

SEO・セールス・コピーライティングなどを学ぶ

STEP
初心者歓迎案件で実績を積む

ランサーズ・クラウドワークスの「初心者歓迎」案件で練習

STEP
継続案件を狙いにいく

ある程度自信がついたら、クライアントとのやり取りの中で継続案件の交渉をする

STEP
継続案件クライアントを増やす

継続案件してくれるクライアントを1人ずつ増やしていく

継続案件の獲得が最重要



最終的に何人かのクライアントから継続案件をもらえるようになると、案件の獲得にやきもきする必要がなくなります。

また、毎月の安定収入となるので落ち着いた状態で執筆活動に打ち込むことができます。


そのファーストステップとしてまずはプロから最低限のWebライターの知識と技術を学ばないといけません。



Webライターのスクールはいくつかありますが、その中で圧倒的におすすめなのがあなたのライターキャリア講座です。

ただ、知識と技術を教えてくれるだけでなく、自分がライティングした文章を無料添削してくれるサービスがあります。


この講座を受ければ、Webライターとして戦っていくための知識を身に付けることができます。

無料で資料請求ができるので、気になる方はこちらからご覧ください。

webライターのキャリアプラン

Webライターの仕事で身に付くスキルは、他の分野でも生かすことができます。

Webライターのキャリアプランについて考えてみましょう。

Webライターは多くのスキルが身に付く

Webライターとして経験を積むとライティング能力以外にもたくさんのスキルを習得できます。

Webライターで身に付くスキル
  • Webライティング能力
  • 文章構成力
  • クライアントに売り込む営業力
  • 情報収集能力
  • SEO対策スキル
  • 販売促進スキル
  • インタビュースキル など

Webライターはこんなにもたくさんのスキルを身につけることができる仕事です。


Webライターの専門スキルはIT業界の仕事ととても相性がいいです。


今後IT業界がますます成長していくのは明らかで需要もますます高まっていくと予想されます。

WebライターはIT系の他職種で働くというキャリアプランを歩んでいくことが期待されます。

具体的なキャリアプラン

Webライターのスキルを活かせる具体的なキャリアプランを挙げてみます。

Webライターのキャリアプラン
  • Webディレクター
  • 広告代理店
  • Webマーケター
  • Webデザイナー
  • サイト運営
  • サイト制作

一番多いのはWebディレクターへのキャリアアップでしょう。


Webディレクターはライターやクライアントとのやりとりなど諸々の調整を行う仕事です。

基本的に記事執筆はライターに任せて納期や記事の進捗管理などを行います。

Webディレクターはライターの取りまとめ役


この他にもWebマーケターやWebデザイナーなどライターのスキルを活かしたキャリアプランはいくつでも開けています。

Webライターの今後について将来性を心配する声も多くありますが、まずは目の前の仕事をこなし、着実にステップアップしていきましょう。

Webライターは何歳でも稼げる

Webライターは肉体労働ではないので、何歳になっても稼ぐことができます。


また、Webライターを始めるのも何歳からでも問題ありません。


公務員とかだと受験資格に年齢制限を設けてあるのが一般的です。

Webライターの場合、案件募集の要項に年齢制限が書いてあるものは1度もみたことがありません。

挑戦したい人は何歳でもチャレンジしてみましょう。

今後Webライターとして成功するには高スキル獲得が必須

webライターの今後について解説しましたが、あなた次第でwebライターの今後は明るくも暗くもなります。

誰でも挑戦しやすいので多くの人がwebライターの仕事に挑戦しますが、反対に挫折する人も多くいます。

生き残っていくためには腰を据えて時間や努力をかけることが必要です。

webライターの仕事に限りませんが、webライターの今後は仕事にどう向き合っていくのかが重要です。

習得できるスキルはフルに活用して、求められるwebライターになりましょう。

無料で高額求人のぞいてみませんか?

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる