【ライター必見】AI校正のShodo(ショドー)7つのメリットと2つのデメリット

  • URLをコピーしました!
この記事のまとめ

最近Webライター界隈で注目度が高まっているのがShodo(ショドー)です。Shodoは執筆した記事の文章校正を全自動でしてくれる秀逸なツールです。ぼくじしん、Shodoの愛用者です。この記事ではShodoのどこが素晴らしいのかについて実際のヘビーユーザーであるぼくが徹底解説しています。

ここ数年で大きな注目を集めているのがAI校正ツールです。

AI校正ツールの中で高い人気を誇るのがShodo(ショドー)です。

Shodoは使い勝手がとてもよく、月額料金が格安のコスパ最強のツールです。

ぼく自身、最近はShodoを愛用しています。実際のユーザー目線でShodoの秀逸な点と反対にデメリットだと思う点についても紹介していきます。

この記事でわかること
  • Shodoの特徴
  • Shodoの導入で起こる革命
  • 他校正ツールとの比較
  • Shodoのメリット・デメリット
  • Shodoをお得に導入する方法
目次

AI校正Shodo(ショドー)とは

引用:Shodo公式サイト

ShodoはWebライターが執筆した記事をAI校正してくれるクラウドサービスです。
記事や原稿、プレスリリースの執筆などメディア運営をしている方に向けた最新ツールです。

AI校正でリアルタイムに校正するだけなく、記事の相互レビューを管理できる機能もついた革新的なWebサービスといえます。

リリースされてまもないサービスですが、Webライター界隈の注目度が高い校正ツールです。

Shodoの特徴

まずはShodoの特徴を簡単に3つ紹介します。

実際に使ってみて感じたShodoの詳しいメリットはのちほど話します。

ユーザー視点でのShodo詳細メリットをすぐに見る


AI校正ツールShodo(ショドー)の特徴を図で示したものです。Shodo1つ目の特徴が操作性が高いということです。ボタン1つでリアルタイムに文章校正をしてくれます。2つ目は低価格という点です。月額1,000円で校正機能を使うことができます。3つ目が高機能な点です。低価格でありながら以下の機能が実装されています。・誤字脱字やタイポのチェック・同音異義語や変換ミスの修正・助詞の間違い・敬語・二重敬語の間違い

1.日本語が自動で修正される

Shodo(ショドー)はリアルタイムで投入した文章を全自動校正してくれます。

読み込みに時間がかかったり、ポチポチとボタンを押す必要がないのでサクサク使うことができます。

2.導入費用が無料

Shodo(ショドー)は導入費用が0円です。

有料の校正ツールとして有名なのが文賢ですが、こちらは導入費用がかかります。


その導入費用は11,880円とかなり高額です。

Shodoは導入費用なしで気軽にサービス利用を試すことができるのが大きな特徴です。

3.校正機能が豊富

Shodo(ショドー)にはこちらの校正機能が実装されています。

Shodoの校正機能
  • 誤字脱字やタイポのチェック
  • 同音異義語や変換ミスの修正
  • 助詞の間違い
  • 敬語・二重敬語の間違い

誤字脱字や同音異義語を指摘してくれる簡易的な校正ツールは他にもありますが、ここまで細かくチェックしてくれるのはなかなかありません。

全自動で精度の高い校正をしてほしいライターにおすすめといえます。

Shodoのメリット7選

ここからは実際にShodoを使い倒して実感しているサービスのメリットを紹介します。

Shodoのメリット7選
  1. 作業時間を劇的に削減できる
  2. クライアントからの評判が上がる
  3. 収入が上がる
  4. サクサク使いやすい
  5. 文章のクセを知ることができる
  6. 校正ツールとして破格の安さ
  7. 14日間の無料お試し期間がある
AI校正Shodoのメリットを図で示しめしめした。Shodoを利用することで大幅に校正時間が短縮できます。ライティング時間が減ることでこなせる案件数が増加します。その結果、収入増加につながります。また、Shodoに校正をかけることで、執筆した文章の質が向上します。その結果、クライアントからの評価が上がり、継続案件を獲得しやすくなります。継続案件を獲得することで毎月の収入増加と安定化が期待できます。
Shodo利用のメリット

1.作業時間を劇的に削減できる

Shodo最大のメリットはWebライターの業務時間を大幅に削減できる点です。

Webライターは執筆が完成した後、文章に誤りがないか目視で確認すると思います。

この確認作業に意外に時間を要する方は多いはずです。


Shodoを利用すると、ボタン1つで文章の誤りや不適切な言い回しを指摘してくれます。

その指摘を参考にすれば、短時間に文章の手直しを終えることができます。

2.クライアントからの評判が上がる

自分の目視による確認だと、どうしてもチェックの見落としやそもそも間違いに気づかないことがあります。

自分の執筆した文章はどうしても主観的になりやすいです。

執筆した文章の誤りは気づきにくい


Shodoが機械的に校正にかけてくれることで、抜け目なく文章のミスを修正することができます。

きちんと校正された文章と校正なしの文章の違いはクライアントからみると一目瞭然です。

Shodoを利用することで自然とクライアントからの評価が上がりやすくなります。

3.収入が上がる

クライアントの評価が上がると継続的に記事を依頼されるようになります。

継続的に案件を獲得できると、毎月固定収入が入るようになり、収入も上がりやすくなります。

Webライターは案件を獲得できなれば、1円も稼ぐこともできません。

継続案件の獲得はWebライターにとって最重要事項


Shodoを使うことで体裁が崩壊した記事を納品する可能性が低くなる点は大きなメリットといえます。

4.サクサク使いやすい

一度使ってもらうと分かりますが、Shodoの操作はとても簡単です。

ツールによっては操作方法を覚えるまでが大変というサービスもあります。


ツールの操作方法を覚えるのに時間がかかってしまうと、記事を書く時間が削られて本末転倒です。

操作が簡単で誰でも今すぐ使い倒せるのがShodoの1つの魅力です。


Shodoの公式サイトはこちら

5.文章のクセを知ることができる

機械的に校正をかけること自分自身では気づかなかった文章のクセを知ることができます。

ぼくの場合、助詞の使い方が下手で「は」「が」の使い分けを間違うことがあります。


Shodoで助詞の誤りを的確に指摘してもらうことで、自分の助詞の使い方のクセを初めて認識することができました。

目視で文章校正をしていたら、このようなクセを知ることはできなかったはずです。


文章のクセを認識したことでこれまでは適当に使っていた助詞をどれが正しいのか考えながら選ぶようになりました。

Shodoで校正をかけることで、文章力の向上につながることが期待できます。


6.校正ツールとして破格の安さ

Shodoは校正ツールとしては破格の安さを誇ります。

校正ツールとしてメジャーなのが文賢です。


文賢も使い勝手がよくて優秀なツールなのですが、月額料金が高いのがネックです。

文賢の料金設定(2022年12月時点)
  • 初期費用:11,880円
  • 月額:2,178円

初期費用に1万円以上とられるのはかなりキツいです。

文賢導入1年目の費用(2022年12月時点)

11,880+(2,178円×12)=38,016円

年間換算すると4万円近くもかかってしまいます。


一方、Shodoに初期費用がありません。

月額1,000円のみで利用をスタートさせることができます。

Shodo対文賢の1年目費用差額(2022年12月時点)
  • 文賢:38,016円
  • Shodo:12,000円

    38,016-12,000=26,016円

文賢とShodoの1年目費用総額を比較するとShodoの方が26,016円もお得です。


Shodoは毎月の固定費を抑えたいWebライターの強い味方といえます。

7.無料お試し期間がある

Shodoは費用が格安なうえに14日間の無料トライアルのサービスがあります。

※無料トライアルサービスの終了時期は不明


途中解約も簡単にできますし、違約金も一切かかりません。

手元に執筆した記事があれば、とりあえずShodoの校正にかけてみることをおすすめします。


使ってみてもしサービスが合わないと感じたらすぐにやめてしまいましょう。

そうすれば、1円も払う必要がありません。

とりあえず無料利用してみよう



Shodoの公式サイトはこちら



今なら2週間の無料トライアルあり

Shodoのデメリット

Shodoのデメリットについても話しておきます。

Shodoのデメリット
  1. 毎月の固定費になる
  2. あくまで校正ツール

1.毎月の固定費になる

Shodoは月払いもしくは年払いとなっています。

買い切りモデルではないので、月払いを選ぶと毎月の固定費となります。


とはいえ、毎月1,000円なのでWebライターを本気で取り組みたい人は必要経費として割り切りましょう。

毎月1,000円でライティングの生産性が上がるのであれば、安いものです。

Shodo導入で生産性を高めて収入を上げる

2.あくまで校正ツール

Shodoは校正ツールです。

文章執筆するのはライター自身です。


AI校正ツールを利用したら、見出し構成作成・リサーチ・執筆までしてくれると勘違いしている人もいます。


仮にそうだとしたら、Webライターの仕事がなくなってしまいます。

あくまで自分では気づかないポイントまで文章の誤りを指摘してくれる赤ペン先生だと思ってください。

AI校正Shodoの無料登録方法

Shodoのの無料登録はものすごく簡単にできます。

2分あれば登録が完了してすぐにShodoを試すことが可能です。

Shodoの公式サイトはこちら


一応無料登録の流れを実際の画面で紹介しておきます。

STEP
料金プランを選択
AI校正ツールShodoの料金プランにはプレミアムとビジネスコースがあります。
Shodoの料金プラン

まず、料金プランを選択しましょう。

プレミアム・ビジネスコースともに14日間の無料トライアルがついています。

STEP
無料トライアルを確認
AI校正Shodoには14日間の無料トライアル期間があります。
Shodoの無料トライアルの確認画面

14日間無料となっている確認しましょう。

STEP
カード情報を入力
AI校正ツールShodoの個人情報入力画面です。登録開始から数分で利用開始することができます。
Shodoの情報入力画面

最後に個人情報を入力して終了です。

登録完了後はすぐにサービスを利用することができます。



無料トライアルを試してみてサービスが気に入らなければ、期間内に解約すれば1円も払う必要がありません。

解約手順も簡単ですので、まずは気軽に利用してみましょう。



Shodoの公式サイトはこちら

AI校正ShodoはWebライターの強力な相棒

Shodo(ショドー)はWebライターの強力な味方となりえます。

Shodoの主なメリットを抜粋します。

  • 作業時間の大幅短縮
  • クライアントからの評判が上がる
  • 収入が上がる
  • サクサク使いやすい
  • 文章のクセを知ることができる
  • 校正ツールとして破格の安さ
  • 14日間の無料お試し期間がある


今後、AI校正はここ数年で始まったサービスです。

今後ますます需要が増えていくのではないかと感じています。


無料トライアルが実施されているうちにサービスを体験してみましょう。


今なら2週間の無料トライアルあり

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる